法輪寺

622年に聖徳太子の病気平癒を祈願して、その子山背大兄王と孫の由義王が建立したと伝わっています。創建当初の三重塔は、1944年(昭和19年)落雷により焼失し、現在の塔は、作家・幸田 文氏らの尽力により、1975(昭和50年)に再建されたもので、再建工事に携わったのは「最後の宮大工」と名高い西岡常一棟梁です。三重塔は、法隆寺五重塔・法起寺三重塔と並び斑鳩三塔と称されています。また、収蔵庫では、間近に飛鳥仏に出会うことができます。

基本情報

所在地
〒636-0101 奈良県生駒郡斑鳩町三井1570
拝観時間
3月~11月 8:00~17:00
12月~ 2月 8:00~16:30
拝観料
大 人 500円 団体 400円
中・高校生 400円 団体320円
小学生 200円 団体160円
団体料金は30名様以上
アクセス
JR法隆寺駅より徒歩35分
JRまたは近鉄王寺駅・近鉄筒井駅より奈良交通バス「中宮寺前」下車 徒歩約15分
TEL
0745-75-2686
公式ホームページ
https://ikaruga-horinji.or.jp
駐車場
法輪寺拝観者用駐車場(無料):普通車約10台駐車可
三井観光自動車駐車場(無料)